×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

【外国為替証拠金取引(FX)ガイド】ロスカットについて解説します。
外国為替証拠金取引(FX)ガイド

ロスカット

 
Googleで調べる : WWW を検索 saya.omiki.com を検索
 FX入門
  FXとは?
  株式投資との比較
  外貨預金との比較
  円高と円安
  少ない資金から始める
  スワップ金利
  売りと買い
  2wayプライス
  ロスカット
  FXのリスク
 FXの魅力・注意点
 取引をはじめる
 各通貨の特徴
 計算ツール
 リンク
 
 トップページ

  FXガイド > FX入門 > ロスカット

 ■ ロスカット

 ロスカットとは、証拠金の中で余剰金が無くなり、維持証拠金のみとなったとき、自動的に取引が終了することです。
 少々難しいですね(笑)

 FXでは、自己資金10万でも1万ドルの運用が可能です。
 10円、円高になった場合、自己資金がなくなったしまいます。
 15円、円高になった場合はどうでしょうか?
 -5万になりますよね。

 当然、円高が進むと、損失が大きくなります。
 各取引会社では、損失が大きくならないように、強制的に決済を行ってくれる仕組みがあります。

 イートレード証券では、下記のようなルールがあります。
 「お客様の意に反した相場展開となった場合でも、リアルタイムにチェックを入れ、保証金維持率が30%を下回った場合は反対売買を実行しますので、お預けいただいた保証金以上の損失をお客様が極力被らないような仕組みを導入しております。また、保証金率が100%、50%を各々割れた時点でもアラーム通知を行います。」

 「保証金維持率が30%を下回った場合」とありますが、10万で1万ドルの運用をしていた場合は、3万円を下回った場合は、自動決済されます。
 3万円を下回るというのは、約7円、円高になった場合ですね。

 10万で1万ドルの例で説明しましたが、20万で1万ドルを運用していた場合は、6万円を下回った場合に、自動決済になります。
 つまり、14円の円高になった場合ですね。
 14円の円高になかなか考えられませんが、7円の円高なら十分考えられます。
 少ない資金で取引できるとはいえ、何倍の資金の運用を行うのか十分な検討が必要です。






サイトマップ  /  運営者情報  /  お問い合わせ

Copyright (C) 2008 外国為替証拠金取引(FX)ガイド, All rights reserved.