×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

【外国為替証拠金取引(FX)ガイド】外貨の「売り」はしないように!
外国為替証拠金取引(FX)ガイド

外貨の「売り」はしない

 
Googleで調べる : WWW を検索 saya.omiki.com を検索
 FX入門
 FXの魅力・注意点
  金利差収入の魅力
  レバレッジは5倍まで
  スワップポイント狙いが儲かる
  リスクは?
  高金利通貨を狙う
  外貨の「売り」はしない
  複利の運用効果
  冷静な判断を!
 取引をはじめる
 各通貨の特徴
 計算ツール
 リンク
 
 トップページ

  FXガイド > FXの魅力・注意点 > 外貨の「売り」はしない

 ■ 外貨の「売り」はしない

 FXの魅力として、外貨の「買い」だけでなく、「売り」もできる点が魅力です。
 外貨を売り、円高になった時点で、為替差益を確保することができます。

 しかし、外貨の長期投資を前提にするのであれば、「売り」を考える必要はありません。
 外貨の売りを行うと、スワップポイントを支払う必要があります。

 外貨を売った場合、スワップポイントはFX会社に預けた証拠金から支払う形になります。
 つまり、売りのポジションを持った状態が長期化するほど、どんどん証拠金の額が減って行きます。
 しかも、豪ドルやニュージーランドドルなどの高金利通貨になるほど、負担するスワップポイントは高くなります。

 なかなか短期間のうちに円高に進むという確信が得られるのは少ないと思います。
 だからこそ、外貨の売りはできるだけ避けた方が良いでしょう。
 特に日本の金利が海外の金利よりも低いときは、外貨の買いを前提に取引をするべきです。






サイトマップ  /  運営者情報  /  お問い合わせ

Copyright (C) 2008 外国為替証拠金取引(FX)ガイド, All rights reserved.