×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

【外国為替証拠金取引(FX)ガイド】注文の種類(応用編)について解説します。
外国為替証拠金取引(FX)ガイド

注文の種類(応用編)

 
Googleで調べる : WWW を検索 saya.omiki.com を検索
 FX入門
 FXの魅力・注意点
 取引をはじめる
  口座開設
  注文の種類(基礎編)
  注文の種類(応用編)
  レバレッジ
  くりっく365
 各通貨の特徴
 計算ツール
 リンク
 
 トップページ

  FXガイド > 取引を始める > 注文の種類(応用編)

 ■ 注文の種類(応用編)

 基礎編では、成行、指値、逆指値の3つを紹介しました。応用編では、さらに3つの注文方法を紹介します。

 @IFD注文

 もしはじめの注文が成立したら、次の注文を出せる2段階の注文方法です。
 以下のような注文が可能です。
 ・110円で購入した後、112円で売約しよう。(指値)
 ・110円で購入した後、108円まで円高になったら売却しよう。(逆差値)

 AOCO注文

 値動きに伴って、上下両方に指値ができる注文方法です。
 どちらか一方の注文が成立した場合は、もう一方の注文はキャンセルになります。
 利益確定、損失確定どちらも視野に入れて取引を行う場合に有効です。
 以下のような同時注文が可能です。

  ・112円で売約して利益確定しよう。(指値)
  ・108円まで円高になったら売却して損失を確定させよう。(逆差値)

 BICO注文

 IFOとOCOを組み合わせたのが、ICOです。
 注文を出すと同時に、注文成立後の利益確定と損切りの2つの注文を出すことができます。






サイトマップ  /  運営者情報  /  お問い合わせ

Copyright (C) 2008 外国為替証拠金取引(FX)ガイド, All rights reserved.